2018/05/16

林田友香 書法・Collage展 洞蕎麦にて開催中

 5/10-31まで、洞蕎麦にて福岡・糸島市在住のアーティスト林田友香さんの書道・コラージュ展を開催しています。10日にはご本人が来場者に各作品の解説をしてくれました。

★林田友香 書法・Collage展「時間」
展期:5/10 - 5/31
地點:洞蕎麥傳藝坊(台南市永華路一段251號)
參觀時間:11:30-14:00 18:00-21:00

林田友香(はやしだともか)
1974年1月生まれ
幼少の頃より母の影響で美術品・工芸品に親しむ。
6歳の頃より日本で書を学ぶ。
2000年3月より福岡県糸島半島に移住し、同年8月より生活雑貨とギャラリー「Kurumian」をオープン。
海に近い雑木林で夫・愛犬と共に生活と店を営みながら、約200坪の畑にて無農薬の野菜や椎茸を育て、養蜂にも取り組む一方、書やコラージュなどのアートワークにも従事している。

「Kurumian」
住所:福岡県糸島市志摩久家2129-1
営業時間:金土日 12:00~
web site:http://www.kurumian.com/











2018/05/06

台湾のびっくり結婚顛末記

多言語情報サイト「nippon.com」で不定期に書かせていただいているコラム、今回は台湾の結婚式について自分の体験も織り交ぜながら書きました。日本語と中国語(繁體字)で公開されています。

(日本語版)「日本人新郎が体験した台湾のびっくり結婚顛末記」
準備篇 https://www.nippon.com/ja/column/g00527/
式典篇 https://www.nippon.com/ja/column/g00519/

(繁體字版)「日本新郎目睹的臺灣驚奇結婚紀錄」
準備篇 https://www.nippon.com/hk/column/g00527/
儀式篇 https://www.nippon.com/hk/column/g00519/

2018/04/16

壹電視「新聞深呼吸」に出演

 壹電視の番組「新聞深呼吸」。私は28:00から出ています。今回のテーマは都市のPR。折よく撮影日に佐々木千絵 さんと福岡在住の友人たちが台南に来られていたので、佐々木さんにも御著書の紹介をしてもらい、友人たちにはエキストラとして私の観光ガイドにお付き合いいただきました。

https://youtu.be/CDwUnVLzz1A

  壹電視節目「新聞深呼吸」,大洞28:00〜出現。這次節目的主題是行銷城市,拍攝當天剛好佐佐木千繪和三個從福岡來的朋友們在台南,佐佐木介紹她的書,我帶朋友們參觀大天后宮,喝冬瓜茶,到新美街走一走。

2018/04/06

里地歸・大洞敦史演唱暢談會《在台南,遇見素顏的自己》

 二胡奏者のシンガーソングライター・里地帰さんとのトークライブ「台南で素顔の自分に出合う」in道南館カフェ、大成功でした。お互い過去に経験してきた幾つかのターニング・ポイントについて語り、またそれと関わりのある歌を歌いました。里地帰さんが話してくれた興味深いエピソードについて、後日改めて紹介したいと思います。
 4/7(土)20時から放送されるテレビ局「壹電視」の番組「新聞深呼吸」に登場予定、ネットで見られるようになったらまたお知らせします。
  里地歸・大洞敦史演唱暢談會《在台南,遇見素顏的自己》於台南道南館,圓滿成功! 感謝老闆夫妻的邀請及車山車海的今天特意來參加的朋友們。我們一邊用中文講人生故事,一邊唱日文・中文・台語・法文歌。里地歸講的故事很感人,改天我會寫給大家看。
  另外4/7(六)晚上20:00壹電視(49ch)節目「新聞深呼吸」裡我在唱歌、煮麵、當導覽等等,有空歡迎收看喔。


2018/03/11

東北地方と台南との民間交流



 3月10日と11日、仙台と台南を日本語・繁体字併記で紹介する小冊子『仙台南』を発行 するなど、東北地方と台南の民間交流に務めておられる東北の方々が台南に来られ、TIL語言交流空間にてまちあるきワークショップを行いました。10日は 台湾人・日本人合わせて25名ほどが5つの班に分かれ、東北から初めて台南に来た旅行者を、2時間〜4時間という時間枠の中で案内するコースをそれぞれ考 え合いました。朝の市場、廟のお参り、夕陽鑑賞など様々なアイディアが出て、11日には5つ班が出したアイディアの中から選ばれた1つのコースに沿って、 私の昔からの友人である張さんの一日ガイドの下で、皆で実際に歩きました。
 ワークショップではこの他にも東北地方の現在の様子を伝える映像を放映したり、東北旅行のアドバイスをしたりと、台湾人・日本人双方がお互いについて学 び合えるものでした。『仙台南』去年実験的に発刊された第0号は在庫切れですが、今年の夏にまた第1号が発刊予定、ご期待ください。


  3月10日和11日,來自日本東北地方的朋友們在台南TIL語言交流空間舉辦一場工作坊。他們的工作就是促進日本東北地方和台南的民間交流。他們去年發刊用中日兩種語言介紹(宮城縣)仙台及台南的手冊《仙台南》。
  10日舉辦工作坊的主題是「用走遊台南」。台灣人和日本人總共大約25個人分成5組,在「帶著第一次來台南的東北朋友玩台南」「用走移動」「2到4小 時」「可以看到在地生活」的前提條件之下,各自討論最好的行程。早上的菜市場、到廟裡拜拜、觀賞夕陽等等各種各樣的主意出來。11日早上,大家依照從這5 個行程裡被選出的1個行程遊走台南,我老朋友張小姐當一日導遊,走水仙宮市場、國華街、藍白拖鞋店、大天后宮、赤崁樓、吳園等等,大家都開開心心。
 第一天除了討論行程之外,東北來的朋友們播放東北地方的紀錄片還有介紹一些東北地方的景點,台灣人和日本人都可以互相了解。至於手冊《先台南》,去年發刊的都已經沒有庫存了,但是今年夏天會再刊行新的版本,到時候他們會在台南林百貨舉辦發表會,敬請期待。

2018/03/06

壱岐にて




  三年前の今日、対馬から船で壱岐に渡った。古代遺跡群と一支国博物館を見に行きたかったが、バスが二、三時間に一本しかなく、漁港をうろつきながらどうしたものか思案していると、食堂の前で一人の男性が、どこ行くんですか?と声をかけてきて、なんと軽トラに乗せて連れて行ってくださった。その上遺跡を見終えてから、またまた駆けつけてきてくれて、もう一つの港まで送ってくださった。
 彼の名前は岡本清治さん。去年「Light house」という民宿を始められて、世界各国のバックパッカーを暖かくお迎えされている。皆さん壱岐を訪れる機会があれば、ぜひ岡本さんの民宿に泊まっていってください。

  剛好三年前的今天,我從對馬(位置在福岡和韓國之間的島嶼)坐船到壹岐島。這裡曾經有個國家,《魏志倭人傳》中記載之「一支國」,現在可看復元的古代遺跡群和一大片美麗的麥田。
  我下船之後想去看一支國博物館和遺跡,可是公車兩三個小時才有一班,該怎麼去呢?在漁港思考時,有一位穿著作業服的先生問我:你要去哪裡?然後載我開小貨車到博物館。我看完博物館和古代遺跡之後,他還特意過來把我送到另一個港口!讓我非常感動。
  他名字叫做岡本清治,去年開了一間民宿「Light house」,接待世界各國的背包客們。壹岐是個美麗的島嶼,從福岡坐船兩個小時,坐飛機的話30分鐘就會到達。我把壹岐島和岡本先生的民宿強力推薦給喜愛日本深度旅遊的朋友們!

2018/02/26

ドキュメンタリー『尋南紀事』

 台南と深い縁故のある年配の日本人六名にスポットをあてたドキュメンタリー『尋南紀事』(中/日字幕)、Youtube上で公開されています。
https://youtu.be/CnIR0c5rZ_I
 幼少期の記憶やセピア色の写真を手がかりに、21世紀の台南で、家族や自分自身の人生の痕跡を探し求める彼らを、古都・台南は優しく迎えてくれました。
 羽鳥直之さんと松尾裕之さんが台南へ来られたとき、私も通訳としてお手伝いさせていただきました。

 六位跟台南緣分很深的日本長輩們回來台南尋根的紀錄片《尋南紀事》(中/日字幕)。他們靠著小時候的回憶或泛黃的照片,在21世紀的台南街道上尋找自己和家人人生的痕跡,古都台南用溫柔的表情迎接他們。